第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問35

第98回薬剤師国家試験 問35

ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)αを刺激するのはどれか。1つ選べ。

 フルバスタチン
 エゼチミブ
 コレスチラミン
 フェノフィブラート
 コルヒチン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)αを刺激するのは、フェノフィブラートである。
1 誤
フルバスタチンは、HMG−CoA還元酵素阻害薬であり、HMG−CoAを阻害することでコレステロールの生合成を抑制する。
2 誤
エゼチミブは、小腸コレステロールトランスポーターを阻害することで、外因性コレステロールの吸収を阻害する。
3 誤
コレスチラミンは、陰イオン交換樹脂であり、消化管内で胆汁酸を吸着して糞中への排泄を促進させることにより、外因性のコレステロールの吸収を阻害する。
4 正
5 誤
コルヒチンは、チュブリンと結合して微小管形成を阻害することで、白血球の遊走を抑制する。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.