第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問34

第98回薬剤師国家試験 問34

急性膵炎の治療に用いられるタンパク質分解酵素阻害薬はどれか。1つ選べ。

 プロパンテリン
 ウルソデオキシコール酸
 フロプロピオン
 ニザチジン
 ナファモスタット

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
急性膵炎の治療に用いられるタンパク質分解酵素阻害薬は、ナファモスタットである。
1 誤
プロパンテリンは、ムスカリン受容体を遮断することにより、鎮痙作用を示す。
2 誤
ウルソデオキシコール酸は、胆汁分泌を促進させることにより、胆汁うっ滞を改善する。
3 誤
フロプロピオンは、カテコール−O−メチルトランスフェラーゼを阻害することにより、胆汁排泄促進作用を示す。
4 誤
ニザチジンは、ヒスタミンH2受容体を遮断することにより、胃酸分泌抑制作用を示す。
5 正

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.