第98回薬剤師国家試験 問339

第98回薬剤師国家試験 問339

患者が入院時に持ち込んだ医薬品(持参薬)等に関する入院先の医療機関の薬剤師の対応として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 当該医療機関の採用薬ではなかったので、持参薬の入院中の服用状況を診療録に記載しなかった。
 同一銘柄の医薬品が採用されていなかったので、持参薬の情報に加えて院内で採用されている同種同効薬の情報を担当医に提供した。
 持参薬を粉砕し分包したので、調剤料を算定した。
 持参薬以外にサプリメントの使用について確認した。

 

 

 

 


解答
2、4


解説
1 誤
持参薬が医療機関の採用薬であるかないかは関係なく、患者の治療状況を確認するために持参薬の服用状況を診療録に記載する必要がある。
2 正
今後、薬物療法を行うに当たって、持参薬の内容及びそれに代わる医薬品(代替薬)に関する情報を担当医に提供する必要がある。
3 誤
調剤された薬剤を粉砕した場合は、調剤料を算定することができるが、持参薬を粉砕し分包しても、調剤料を算定することはできない。
4 正
入院時には、持参薬以外に使用中のサプリメント、一般用医薬品、副作用歴、アレルギー歴についても確認する必要がある。

第98回薬剤師国家試験 問339” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。