第98回薬剤師国家試験 問306〜307

60歳男性(患者A)。感冒症状により医療機関を受診し、以下の処方が追加となった。

(処方)
総合感冒剤P(注) 1回1 g(1日3 g)
1日3回 朝昼夕食後 5日分
注:有効成分は、サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン及びプロメタジンメチレンジサリチル酸塩。

問306 (実務)
服用開始2日後、調剤した薬局の薬剤師Bに「尿が出なくなりAさんが入院した」と連絡が入った。疑われる原因として、可能性が最も高いのはどれか。1つ選べ。

 アナフィラキシーショック
 中毒性表皮壊死症
 抗コリン作用
 肝機能障害
 横紋筋融解症

 

 

 

解説
総合感冒剤Pには、抗コリン作用を示すプロメタジンメチレンサリチル酸塩が含まれているため、本剤を服用することにより膀胱平滑筋が弛緩し排尿困難が起こることがある。よって、尿が出なくなった原因として、可能性が最も高いのは「抗コリン作用」である。

解答
3

問307 (法規)
前問の連絡の数日後、薬剤師BがAさんに関することで問い合わせを受けた。この問い合わせに対して、Aさんの情報を薬剤師Bから提供することが適切でないのはどれか。2つ選べ。なお、第三者への情報提供に対する Aさんの同意は得ていない。

 Aさんの友人から、入院した理由を聞かれたとき。
 Aさんの勤務先の上司から、服用薬剤の名称を聞かれたとき。
 入院先の主治医から、Aさんの服用薬剤の銘柄を聞かれたとき。
 同じ薬局の別の薬剤師CがAさんに服薬説明をする際に、薬剤師CからAさんの症状を聞かれたとき。
 Aさんの服用薬剤の製造販売業者から、副作用症状の情報提供を求められたとき。

 

 

 

解説
薬剤師には、刑法による守秘義務があり、業務上知り得た患者の秘密を、正当な理由なく他人に漏らしてはならない。また、個人情報保護法により、本人の同意なく個人の情報を第三者にもらしてはならない。
1 不適切
Aさんの友人、Aさんの勤務先の上司は第三者に該当するため、Aさんの同意なく情報提供することはできない。
2 不適切
解説1参照
3 適切
入院先の主治医に対して情報提供することは、治療上必要なことに該当するため、入院先の医師に情報提供することは適切である。
4 適切
同じ薬局の別の薬剤師Cに対して情報提供することは、治療上必要なことに該当するため、同じ薬局の別の薬剤師Cに対して情報提供することは適切である。
5 適切
製造販売業者は、自社製品の副作用情報を収集する必要があるため、製造販売業者に対して情報提供することは適切である。

解答
1、2

第98回 問306〜307 PDF

第98回 問308〜309

第98回薬剤師国家試験 問306〜307」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問304〜305 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA