第98回薬剤師国家試験 問304〜305

1歳6ヶ月男児。身長80 cm、体重10 kg。てんかんの治療のためにバルプロ酸ナトリウムを投与することになった。


問304 (病態)
この患児において、定常状態におけるバルプロ酸の平均血清中濃度が60 µg/mLとなるように初期投与量を設定したい。バルプロ酸ナトリウムの1日経口投与量(mg)として、最も適切な値を1つ選べ。ただし、バルプロ酸ナトリウム投与により求めた小児における経口クリアランスの代表値は男児で12.5 mL/h/kgとする。

 18
 30
 180
 300
 1,800

 

 

 


解説

下記のPDFを確認してください


解答

3


問305 (実務)
この患児に、バルプロ酸ナトリウムシロップ5%が、前問で設定した1日投与量で1日2回、30日分処方された。
調剤する際に、1回服用量が整数mLになるように、単シロップを用いて最小限の賦形を行うことにした。内服液剤容器の容量(mL)として、最も適切な容器を1つ選べ。ただし、内用液剤容器の選択は、薬剤の総量を超えた最小の容量のものを選択する。

 60
 100
 200
 300
 500

 

 

 


解説

前問の結果より、バルプロ酸ナトリウムを成分量として、1日当たり180 mg投与する必要がある。
<バルプロ酸ナトリウムシロップ5%の1日当たりの製剤量を求める>
バルプロ酸ナトリウムシロップ5%には1 mL中に50 mgのバルプロ酸ナトリウムを含有する(50 mg/mL)。よって、バルプロ酸ナトリウムシロップ5%の1日当たりの製剤量は、180 mg÷50 mg/mL=3.6 mLとなる。
<賦形剤を加えた後のシロップの総量を求める>
1日製剤量が3.6 mLであり、1日2回投与されていることから、1回当たりの製剤量は、1.8 mLとなる。
設問に「1回服用量が整数mLになるように、単シロップを用いて最小限の賦形を行う」とあることから1回当たりの服用量が2 mLになるように単シロップを用いて賦形を行う。
よって、賦形剤を加えた後のシロップの総量は、2 mL/回×2回/日×30日=120 mLとなる。
設問に「内用液剤容器の選択は、薬剤の総量を超えた最小の容量のものを選択する。」とあることから、シロップの総量(120 mL)が入る最小の容器である200 mLの内溶液剤容器が最も適切な容器である。


解答

3

第98回 問304〜305 PDF

第98回 問306〜307

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問304〜305

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問302〜303 | yakugaku lab

コメントは停止中です。