第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問30

第98回薬剤師国家試験 問30

ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断により、抗パーキンソン病作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 アマンタジン
 トリヘキシフェニジル
 セレギリン
 エンタカポン
 ブロモクリプチン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断により、抗パーキンソン病作用を示すのは、トリヘキシフェニジルである。トリヘキシフェニジルは中枢性抗コリン薬であり、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することにより抗パーキンンソン病作用を示す。
1 誤
アマンタジンは、ドパミン作動性神経終末からドパミンの遊離を促進し、抗パーキンソン病作用を示す。
2 正
3 誤
セレギリンは、B型モノアミンオキシダーゼを阻害することにより、中枢内ドパミン濃度を増大させ、抗パーキンソン病作用を示す。
4 誤
エンタカポンは、カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害することにより、レボドパの中枢移行性を増大させ、抗パーキンソン病作用を示す。
5 誤
ブロモクリプチンは、中枢のD2受容体を直接刺激することで、抗パーキンソン病作用を示す。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.