第98回薬剤師国家試験 問296〜297

35歳女性。体重52 kg。左前胸部の肋骨に沿って帯状にかゆみが発生し、発赤し、数日後に激しく痛み出した。帯状疱疹と診断され、神経ブロックで痛みをとりながら薬物治療を行った。しかし、皮疹が治った後も疼痛は3ヶ月以上続いた。


問296 (病態)
この疾患の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 両側性に症状がみられることが多い。
 抗水痘帯状疱疹ウイルス抗体価が高値でも帯状疱疹に罹患する。
 帯状疱疹では、その多くにウイルス血症を起こす。
 ウイルス再感染が原因である。
 免疫力低下や過労が危険因子である。

 

 

 


解説

1 誤
帯状疱疹のほとんどは身体の片側に症状(神経性疼痛、知覚神経に沿う帯状の紅斑など)が現れる。
2 正
抗水痘帯状疱疹ウイルス抗体価が高値を示す場合でも、免疫力の低下、過労により帯状疱疹に罹患することがある。
3 誤
帯状疱疹において、水痘帯状疱疹ウイルスは知覚神経に局在しており、ウイルス血症を認めることは稀である。
4 誤
帯状疱疹は、ウイルスの再感染ではなく回帰感染が原因で罹患する。
5 正
解説2参照


解答

2、5


問297 (実務)
疼痛に対してプレガバリンを処方することになり、医師から薬剤師に問い合わせがあった。当該医薬品の医薬品インタビューフォームを情報源とすることが適切でないのはどれか。1つ選べ。

 開発時の臨床試験における副作用発現件数
 日本で承認されている適応症以外の海外における適応症
 投薬期間制限の有無
 生殖発生毒性試験の結果
 薬価

 

 

 


解説

インタビューフォーム(IF)とは、医療用医薬品添付文書では不十分な情報を補うために日本病院薬剤師会が記載要項を策定し、当該医薬品の製薬企業が制作および提供している医薬品情報である。IFには、臨床試験に関する項目、非臨床試験に関する項目、取り扱い上の注意に関する項目などが記載されている。


解答
5

第98回 問298〜299

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問296〜297

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問294〜295 | yakugaku lab

コメントは停止中です。