第98回薬剤師国家試験 問294〜295

35歳男性。体重60 kg。庭で作業中、スズメバチに刺された。局所が腫れ上がるとともに、呼吸困難を感じ、さらに全身にじんま疹が出現した。そこで救急外来を受診した。

問294 (病態)
この患者の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 マスト(肥満)細胞の脱顆粒が起こる。
 症状のピークは数時間後である。
 循環血液量が増加し、血圧が上昇する。
 咽頭や気管の浮腫を伴う。
 徐脈の合併が多い。

 

 

 


解説

本症例は、スズメバチに刺され、局所が腫れ上がり、呼吸困難、全身にじんましんが生じていることからアナフィラキシーショックを発症したと考えられる。
1 正
アナフィラキシーショックでは、肥満細胞の脱顆粒によりヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが放出される。
2 誤
アナフィラキシーショックは、即時型アレルギーであるため、アレルゲン暴露後30分〜1時間後に症状のピークが認められる。
3 誤
アナフィラキシーショックでは、血管が拡張し、血圧下降によるショックが認められる。また、血管拡張により反射性頻脈も認められる。
4 正
アナフィラキシーショックでは、ケミカルメディエーターの遊離により咽頭や気管支に浮腫を伴う。
5 誤
解説3参照


解答

1、4


問295 (実務)
その後、入院加療にて改善した。今後、同様の反応を繰り返す危険性があるため、退院時にアドレナリンの自己注射薬が処方された。症状発現時にいつでも自己注射ができるよう、薬剤師が「患者向医薬品ガイド」を参考に服薬指導した。「患者向医薬品ガイド」に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 「くすりのしおり」の別称であり、同一のものである。
 当該医薬品の製造販売業者が作成している。
 すべての医療用医薬品について作成されている。
 薬剤の効果に関する内容は記載されていない。
 医薬品医療機器総合機構が管理している医薬品医療機器情報提供ホームページから入手できる。

 

 

 


解説

「患者向医薬品ガイド」は患者や患者の家族に医療用医薬品の正しい理解と、重大な副作用の早期発見などに役立ててもらう資料であり、当該医薬品の製造販売業者が作成する。
1 誤
「くすりのしおり」は、患者と医療者のコミュニケーションの促進のための医療情報であり「患者向医薬品ガイド」とは異なる。
2 正
前記参照
3 誤
「患者向医薬品ガイド」の作成が望まれる医療用医薬品は
・添付文書に警告欄が設けられているもの
・添付文書の「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量に関連する使用上の注意」又は「重要な基本的注意」の項に、重篤な副作用回避等のために「患者に説明する」旨が記載されているもの
・患者に対して、特別に適正使用に関する情報提供が行われているもの
である。
「患者向医薬品ガイド」は、すべての医薬品について作成されていない。
4 誤
「患者向医薬品ガイド」の記載事項は
・作成年月、更新年月
・販売名
・薬の効果
・薬の使い方
・薬の使用中に気をつけなければならないこと
・薬の形
・薬に含まれているもの など
である。
5 正
「患者向医薬品ガイド」は、医薬品医療機器総合機構が管理している医薬品医療機器情報提供ホームページから入手することができる。


解答

2、5

第98回 問294〜295 PDF

第98回 問296〜297

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問294〜295

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問292〜293 | yakugaku lab

コメントは停止中です。