第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問28

第98回薬剤師国家試験 問28

コリンエステラーゼを可逆的に阻害するのはどれか。1つ選べ。

 アトロピン
 カルバコール
 エドロホニウム
 ブチルスコポラミン
 プラリドキシム(PAM)

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 誤
アトロピンは、抗コリン薬であり、ムスカリン受容体遮断作用を有する。
2 誤
カルバコールは、コリン作動薬であり、ムスカリン受容体刺激作用を有する。
3 正
エドロホニウムは、コリンエステラーゼ阻害薬であり、コリンエステラーゼの陰性部にのみに結合することで、コリンエステラーゼを可逆的に阻害する。また、骨格筋に存在するニコチン性アセチルコリンNM受容体刺激作用も有する。
4 誤
ブチルスコポラミンは、抗コリン薬であり、ムスカリン受容体遮断作用を有する。
5 誤
プラリドキシム(PAM)は、コリンエステラーゼのエステル水解部から有機リン化合物を解離させることで、コリンエステラーゼを再賦活化させる。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.