第98回薬剤師国家試験 問189

第98回薬剤師国家試験 問189

スティーブンス•ジョンソン症候群に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 失明の原因となりうる。
 中毒性表皮壊死症が重症化した病態である。
 皮膚粘膜移行部に、粘膜病変が認められる。
 薬剤性が疑われる場合は、原因薬物同定のために、内服誘発テストを行う。
 重症例では、副腎皮質ステロイド薬の外用剤が、第一選択薬として用いられる。

 

 

 

 

 

 

 


解答
1、3


解説
1 正
スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)では、角膜上皮細胞が障害され最終的に失明に至ることがある。
2 誤
SJSが重症化すると、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)に移行することがある。
3 正
SJSでは皮膚粘膜移行部に、粘膜病変が認められる。
4 誤
SJSの原因が薬剤によるものと疑われる場合には、原因薬物を同定するために、貼付試験(パッチテスト)が行われる。
5 誤
SJSの重症例に対する治療には、第一選択薬として副腎皮質ステロイド性薬の全身投与(点滴静注)が用いられる。

第98回薬剤師国家試験 問189” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。