第98回薬剤師国家試験 問161

第98回薬剤師国家試験 問161

抗アレルギー薬の薬物名及び主たる作用機序の組合せのうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

 

 


解答
1、3


解説
1 正
オザグレルは、トロンボキサン合成酵素を阻害し、TXA2産生を抑制することにより気道収縮抑制作用を示す。
2 誤
ザフィルルカストは、ロイコトリエン(LT)受容体を遮断することにより気管支収縮抑制作用を示す。
3 正
スプラタストは、ヘルパーT細胞からのインターロイキン4、5の産生を抑制することにより抗アレルギー作用を示す。
4 誤
ラマトロバンは、TXA2受容体を遮断することにより抗アレルギー作用を示す。
5 誤
オロパタジンは、ヒスタミンH1受容体遮断作用及びケミカルメディエーター遊離抑制作用により抗アレルギー作用を示す。

第98回薬剤師国家試験 問161” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。