第98回薬剤師国家試験 問157

心不全治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 カルペリチドは、アデニル酸シクラーゼを活性化し、利尿作用と血管拡張作用を示す。
 デノパミンは、アドレナリンβ1受容体を刺激し、心筋収縮力を増大させる。
 エナラプリルは、アンギオテンシンAT1受容体を遮断し、心負荷を軽減させる。
 オルプリノンは、グアニル酸シクラーゼを直接活性化し、心筋収縮力を増大させる。
5 ピモベンダンは、トロポニンのCa2感受性を上昇させ、心筋収縮力を増大させる。

 

 

 


解説

1 誤
カルペリチドは、遺伝子組換えα型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)製剤であり、ANP受容体に結合し、グアニル酸シクラーゼを活性化して細胞内のcGMP濃度を上昇させることにより血管拡張作用及び利尿作用を示す。
2 正
デノパミンは、選択的アドレナリンβ1受容体刺激薬であり、心筋収縮力増強作用を示す。
3 誤
エナラプリルは、アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬であり、アンギオテンシンⅡの生成を抑制する。これにより、レニン−アンギオテンシン−アルドステロン系の亢進を抑制し、心負荷を軽減させる。
4 誤
オルプリノンは、ホスホジエステラーゼⅢを選択的に阻害し、心筋細胞内cAMP濃度を上昇させることで、心筋収縮力増強作用を示す。
5 正
ピモベンダンは、心筋の収縮調節タンパク質(トロポニンC)のCa2に対する感受性増強作用とホスホジエステラーゼ阻害作用により、心筋収縮力を増大させる。


解答

2、5

第98回 問157 PDF

第98回 問158

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問157

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問156 | yakugaku lab

コメントは停止中です。