第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問155

第98回薬剤師国家試験 問155

催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ゾルピデムは、ベンゾジアゼピンω1受容体に選択性の高い催眠薬で、筋弛緩作用に基づく副作用は少ない。
 ラメルテオンは、メラトニン受容体を刺激し、睡眠覚醒リズムを調節する。
 エスタゾラムは、中枢のヒスタミンH1受容体を遮断し、睡眠を導入する。
 フェノバルビタールは、抗痙れん作用が現れる用量以下で鎮静・催眠を引き起こす。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
ゾルピデムは、鎮静・催眠作用に関与するベンゾジアゼピンω1受容体に選択性の高い催眠薬であり、筋弛緩作用に関与するベンゾジアゼピンω2受容体にほとんど作用しないため、筋弛緩作用に基づく副作用は少ない。
2 正
ラメルテオンは、メラトニンMT1及びMT2受容体を刺激し、睡眠覚醒リズムを調節する。
3 誤
エスタゾラムは、GABAA受容体−Clチャネル複合体のベンゾジアゼピン受容体に結合することで、睡眠作用を示す。
4 誤
フェノバルビタールは、鎮静・催眠作用が現れる用量以下で抗痙れん作用を引き起こす。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.