第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問147

第98回薬剤師国家試験 問147

以下の医薬品によって健康被害が生じた場合、医薬品副作用被害救済制度の救済対象となり得るのはどれか。2つ選べ。

 家族の他の者に処方された抗生物質
 薬局製造販売医薬品
 在宅医療のために処方された麻薬
 国内では開発中のため海外から個人輸入した降圧薬

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
医薬品副作用被害救済制度の救済対象となり得るのは、許可医薬品が適正な使用目的に従い、適正に使用されたにもかかわらず、発生した有害反応の場合である。
1 誤
患者自身以外に処方された医薬品を使用することは、許可医薬品の不適切な使用に該当するため、医薬品副作用被害救済制度の救済対象とはならない。
2 正
薬局製造販売医薬品は、許可医薬品に該当するため、医薬品副作用被害救済制度の救済対象となる。
3 正
在宅医療のために処方された麻薬は、許可医薬品の適切な使用に該当するため、医薬品副作用被害救済制度の救済対象となる。
4 誤
国内では開発中のため海外から個人輸入した降圧薬は、許可医薬品に該当しないため、医薬品副作用被害救済制度の救済対象とはならない。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.