第98回薬剤師国家試験 問143

毒薬又は劇薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 経口投与での急性毒性(LD50)は、毒薬又は劇薬を指定するときの基準として用いられる。
 毒薬には、その直接の容器又は直接の被包に、白地に黒枠、黒字をもって、その品名及び「毒」の文字を記載する。
 毒薬又は劇薬を譲渡する際に譲受人から交付される文書には、品名、数量、使用目的等の記載が必要である。
 劇薬を貯蔵又は陳列する場所には、施錠が必要である。

 

 

 


解説

1 正
毒薬、劇薬を指定するときの基準として、急性毒性(LD50)が用いられる。経口投与において、LD50が30 mg/kg以下のものを毒薬に指定し、LD50が300 mg/kg以下のものを劇薬に指定している。
2 誤
毒薬には、その直接の容器又は直接の被包に、黒地に白枠、白字をもって、その品名及び「毒」の文字を記載する。
3 正
毒薬又は劇薬を譲渡する際に譲受人から交付される文書には、品名、数量、使用目的、譲渡年月日、譲受人の氏名、住所、職業、署名又は押印が必要である。
4 誤
劇薬を貯蔵又は陳列する場所には、施錠は不要である。なお、毒薬を貯蔵又は陳列する場所には、施錠する必要がある。


解答

1、3

第98回 問143 PDF

第98回 問144

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問143

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問142 | yakugaku lab

コメントは停止中です。