第98回薬剤師国家試験 問135

各項目で示した性質について、A欄の物質とB欄の物質を比較したとき、A欄の物質がより高いのはどれか。2つ選べ。

項目 A B
毒性(毒性等価係数) 3,3´,4,4´-テトラクロロビフェニル 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾ-p-ジオキシン
急性毒性 亜ヒ酸 ヒ酸
対流圏における安定性 CHClF2 CCl2F2
水圏における生分解性 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸 分岐鎖型アルキルベンゼンスルホン酸

 

 

 

解説
1 誤
3,3´,4,4´-テトラクロロビフェニル(毒性等価係数:0.0001)は、2,3,7,8-テトラクロロジベンゾ-p-ジオキシン(毒性等価係数:1)に比べ、毒性がより低い。
2 正
亜ヒ酸はヒ酸に比べ、急性毒性がより高い。
3 誤
CHClF2は代替フロンであり、特定フロンであるCCl2F2に比べ、対流圏における安定性が低い。
4 正
アルキルベンゼンスルホン酸塩は、陰イオン性界面活性剤であり、直鎖型の方が分岐鎖に比べ、水圏で分解されやすい。よって、直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸は、分岐鎖型アルキルベンゼンスルホン酸に比べ、水圏における生分解性が高い。

解答
2、4

第98回 問135 PDF

第98回 問136

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問135

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問134 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA