第98回薬剤師国家試験 問128

ディフィシル菌(Clostridium difficile)による偽膜性大腸炎に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 本菌の不活化には、消毒用エタノールの使用が有効である。
 糞口感染を含む接触感染により、院内感染が拡大しやすい。
 抗菌薬の連続投与により、発症する場合がある。
 発症を確認した場合、使用している抗菌薬の投与量を増やすことが望ましい。

 

 

 


解説

1 誤
ディフィシル菌は芽胞形成菌であり、消毒用エタノールでは不活化することはできない。なお、ディフィシル菌に有効な消毒薬は、グルタラールや高濃度の次亜塩素酸ナトリウムである。
2 正
ディフィシル菌は、院内感染を起こすことがあり、その感染経路は糞口感染を含む接触感染である。
3 正
抗菌薬を連続投与することにより、菌交代現象が起こり、ディフィシル菌による偽膜性大腸炎を引き起すことがある。
4 誤
ディフィシル菌による偽膜性大腸炎を発症した場合は、使用している抗菌薬の投与を中止し、バンコマイシン塩酸塩やメトロニダゾールを投与する。


解答

2、3

第98回 問128 PDF

第98回 問129

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問128

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問127 | yakugaku lab

コメントは停止中です。