第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問99

第97回薬剤師国家試験 問99

蛍光光度法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 蛍光は、分子が基底状態から励起状態に遷移する際に観測される。
 光源として、通常、重水素ランプが用いられる。
 蛍光スペクトルを測定すると、ラマン散乱光が観測されることがある。
 蛍光量子収率は、蛍光強度をモル吸光係数で除した値である。
 溶液中の蛍光物質の濃度が十分に希薄であれば、蛍光強度は蛍光物質の濃度に比例する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
蛍光は、分子中の電子が励起一重項状態から基底一重項状態に遷移する際に観測される。
2 誤
蛍光光度測定法の光源には、通常、キセノンランプ、レーザー、アルカリハライドランプが用いられる。なお、重水素ランプは、紫外可視吸光度測定法の光源として用いられる。
3 正
蛍光物質に励起光を照射すると、溶媒中の分子が強制振動し、励起光と同じ波長を有するレイリー散乱光と励起光と異なる波長を有するラマン散乱光が生じることがある。よって、蛍光スペクトルを測定する際、レイリー散乱光及びラマン散乱光が観測されることがある。
4 誤
蛍光量子収率(φ)は、放射された蛍光量子の数を吸収された励起光量子の数で除した値である。
φ=放射された蛍光量子の数/吸収された励起光量子の数
5 正
希薄溶液における蛍光強度(F)は、励起光の強さ(I0)、蛍光量子収率(φ)、モル吸光係数(ε)、蛍光物質の濃度(c)、セルの層長(l)に比例する。
F=k・I0・φ・ε・c・l    k:定数

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.