第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問92

第97回薬剤師国家試験 問92

次の化学反応式に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

ただし、ΔH 0はアンモニアの標準生成エンタルピーであり、(g)は気体状態を示す。

 反応が平衡状態にあるとき、温度を低下させると反応は右方向に進行する。
 反応が平衡状態にあるとき、圧力をかけると反応は左方向に進行する。
 触媒の添加により、反応の生成エンタルピーを低下させることができる。
 温度を変化させて、ファントホッフプロットを行うと、右上がりの直線性のプロットが得られる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


動画解説


解説

1 正
アンモニアの標準生成エンタルピーが「-46.1 kJmol1」であることから、アンモニアの生成(右向きの反応)は発熱反応であるといえる。反応が平衡状態にあるとき、温度を低下させると発熱反応が進行する。これらのことから、反応が平衡状態にあるとき、温度を低下させると反応は右方向に進行する。
2 誤
反応が平衡状態にあるとき、圧力をかけると気体分子が減少する方向に反応が進行する。このことから、反応が平衡状態にあるとき、圧力をかけると反応は右方向に進行する。
*本反応では、水素分子と窒素分子の結合反応であり、反応が右側に進行すると気体分子は減少する。
3 誤
触媒の添加により、活性化エネルギーを低下させることができるが、反応の生成エンタルピーを低下させることはできない。
4 正
ファントホッフプロット(縦軸:平衡定数の対数、横軸:温度の逆数)の傾きは-ΔH 0/Rであり、発熱反応ではΔH 0が負の値を示すため、右上がりの直線性のプロットが得られる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.