第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問58

第97回薬剤師国家試験 問58

インフルエンザの薬物治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 ザナミビル水和物は、B型の患者に有効である。
 アスピリンは、小児の解熱薬として推奨される。
 アマンタジン塩酸塩は、B型の患者に有効である。
 ニューキノロン系抗菌薬が第一選択薬である。
 オセルタミビルリン酸塩は、症状発現直後の使用では有効性がない。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
ザナミビル水和物は、ノイラミニダーゼ阻害薬であり、A型及びB型インフルエンザの治療及び予防に用いられる。
1 正
2 誤
アスピリンをウイルス感染により発熱した小児(15歳未満)に使用した場合、ライ症候群を引き起こすとの報告例がある。そのため、アスピリンは15歳未満のインフルエンザ患者には原則投与しない。なお、インフルエンザにおける小児の解熱薬としては、アセトアミノフェンが推奨される。
3 誤
アマンタジン塩酸塩のB型インフルエンザへの有効性は認められていない。なお、アマンタジンは、A型インフルエンザに有効である。
4 誤
インフルエンザはウイルス感染症であるため、ニューキノロン系抗菌薬は無効である。
5 誤
オセルタミビルリン酸塩は、症状発現後速やかに投与を開始することで有効性を示す(症状発現から48時間経過後に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータが得られていない)。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.