第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問57

第97回薬剤師国家試験 問57

高LDLコレステロール血症に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 食事直後に血清LDLコレステロール値が上昇する。
 血清がクリーム状である。
 LDL受容体機能不全が原因となる。
 冠動脈疾患の危険因子とはならない。
 甲状腺機能亢進症に合併する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
高LDLコレステロール血症は、Ⅱ型脂質異常症であり、LDL受容体異常・欠損などの要因によって発症する。
1 誤
血清LDLコレステロール値は、食事の影響を受けにくいため、食事直後に血清LDLコレステロール値が上昇することはない。なお、食事直後に上昇するのは、血清トリグリセリド値である。
2 誤
高LDLコレステロール血症では、血清は透明になる。なお、血清がクリーム状になるのは、高キロミクロン血症(トリグリセリド含有率が高い状態)である。
3 正
4 誤
高LDLコレステロール血症が持続すると、血管内膜に侵入したLDLが酸化変性することで動脈硬化の原因となることがある。そのため、高LDLコレステロール血症は狭心症などの冠動脈疾患の危険因子となる。
5 誤
甲状腺機能亢進症では、基礎代謝が亢進し、コレステロールの胆汁酸への異化が促進するため、低LDLコレステロール血症を誘発することがある。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.