第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問50

第97回薬剤師国家試験 問50

沈降法によって粒子径を求めるときに用いる式はどれか。1つ選べ。

 コゼニーカーマン式
 ラングミュアー式
 BET式
 ストークス式
 ブラッグ式

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
沈降法によって粒子径を求めるときに用いる式は、ストークス式である。
1 誤
コゼニーカーマン式は、空気透過法で用いられる式である。
コゼニーカーマン式によって、空気抵抗から粒子の比表面積を求めることができる。
2 誤
ラングミュアー式及びBET式は、ガス吸着法で用いられる式である。
ラングミュアー式及びBET式によって、単分子飽和吸着量を求めることができる。
3 誤
解説2参照
4 正
5 誤
ブラッグの式は、X線回折法で用いられる式である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.