第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問328

第97回薬剤師国家試験 問328

以下の処方について患児の家族に確認したところ、散剤の服用は困難であったため、疑義照会を行った。その結果、ブロムヘキシン塩酸塩シロップ0.08%に変更となった。秤量するブロムヘキシン塩酸塩シロップは総量で何mLか。1つ選べ。ただし、用法・用量及び投与日数の変更はない。

 3.0
 7.5
 10.0
 12.0
 30.0

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
ブロムヘキシン塩酸塩細粒2%が1日0.3 g[製剤量]、4日分処方されていることから、ブロムヘキシン塩酸塩細粒の製剤全量は、1.2 gであり、その中に含まれる成分の量を以下のように算出することができる。
1.2 g×0.02=0.024 g(成分量)
ブロムヘキシン塩酸塩細粒に含まれる成分量(0.024 g)に相当するブロムヘキシン塩酸塩シロップ0.08%(0.0008 g/1 mL)の総量(mL)は、以下のように算出することができる。
0.024 g÷0.0008 g/1 mL=30 mL

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.