第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問3

第97回薬剤師国家試験 問3

Ag2CrO4の溶解度がS(mol/L)であるとき、溶解度積(Ksp)と溶解度の関係式として、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. Ksp = 2S
  2. KspS 2
  3. Ksp = 2S 2
  4. Ksp = 2S 3
  5. Ksp = 4S 3

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
難溶性電解質の溶解度積(Ksp)は、飽和溶液中における陽イオンと陰イオンの濃度の積で表される。

・Ag2CrO4の飽和溶液中での濃度
問題文に「Ag2CrO4の溶解度がS(mol/L)であるとき」と記載されていることから、[Ag]=2S、[CrO42]=Sとなる。
・Ag2CrO4の溶解度積
Ksp=[Ag]2[CrO42]=[2S]2[S]=4S 3

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.