第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問268〜269

第97回薬剤師国家試験 問268〜269

12歳女児。てんかんの治療のため、以下の薬剤が処方された。

問268 (実務)
秤取すべき20%散の全量は何gか。1つ選べ。

 1
 2
 4
 14
 28
 56

 

 

 

 

 

解答・解説

 

解答
5

解説
設問では、バルプロ酸ナトリウム散20%が原薬量として1日400 mg処方されている。
このことから、1日当たりの秤取量(製剤量)を以下のように求めることができる。
1日当たりの秤取量(製剤量)=400 mg/日÷20/100=2000 mg/日=2 g/日
また、本処方の投与日数は14日であることから、秤取すべき20%散の全量(製剤量)を以下のように求めることができる。秤取すべき20%散の全量(製剤量)=2 g/日×14日=28 g


問269 (薬剤)
バルプロ酸の血中濃度を低下させ、てんかん発作が再発することがあるため、禁忌となる抗生物質の種類はどれか。1つ選べ。

 アミノグリコシド系
 カルバペネム系
 セフェム系
 テトラサイクリン系
 マクロライド系

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
バルプロ酸の血中濃度を低下させ、てんかん発作が再発することがあるため、禁忌となる抗生物質は、カルバペネム系抗生物質(イミペネムなど)である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.