第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問262〜263

第97回薬剤師国家試験 問262〜263

56歳男性。骨髄内臍帯血移植が行われた。移植後、真菌感染症が疑われ、以下の処方について主治医から医薬品情報管理室に相談があった。


問262 (実務)
主治医からの相談に対する医薬品情報管理室の薬剤師の対応として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 添付文書によりアムホテリシンBリポソーム製剤の用法・用量を確認した。
 アムホテリシンBリポソーム製剤の調製法と注意点を伝えた。
 医薬品適正使用のために、真菌感染症の診断が確定した後で処方するように提案した。
 投与中に発熱、悪寒、悪心などが発現した場合、点滴を一時中断し、患者の様子を見るように伝えた。
 副作用防止のため、腎機能、肝機能、血清電解質の検査を定期的に行うように提案した。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説

アムホテリシンBは、真菌感染症が疑われる発熱性好中球減少症に用いられる。次の条件を満たしている場合には、真菌感染症の診断が確定していない場合でも本剤を投与することが可能である。
・1回の検温で38℃以上の発熱、又は1時間以上持続する37.5℃以上の発熱
・好中球数が500/mm3未満の場合、又は1,000/ mm3未満で500/mm3未満に減少することが予想される場合
・適切な抗菌薬投与を行っても解熱せず、抗真菌薬の投与が必要と考えられる場合


問263 (実務)
アムホテリシンBに関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 エルゴステロール生合成を阻害し、真菌細胞膜合成を抑制する。
 真菌細胞膜のエルゴステロールに結合し、真菌細胞膜を障害する。
 真菌細胞壁を構成するβ−グルカン生合成を阻害する。
 真菌細胞内でフルオロウラシルに変換され、真菌のDNA及びRNA合成を阻害する。
 スクアレンエポキシダーゼを活性化し、エルゴステロールの分解を促進させ、真菌細胞膜を障害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
アムホテリシンは、ポリエン系抗真菌薬であり、真菌細胞膜のエルゴステロールに結合し、真菌細胞膜機能を障害して細胞膜の透過性を高め、細胞質成分を漏出させることで抗真菌作用を示す。選択肢1はアゾール系抗真菌薬(イトラコナゾールなど)、選択肢3はキャンディン系抗真菌薬(ミカファンギンなど)、選択肢4はフルシトシン、選択肢5はテルビナフィン、ブテナフィンに関する記述である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.