第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問256〜257

第97回薬剤師国家試験 問256〜257

75歳女性。脊椎椎体骨折と診断された。投薬に際して、以下の服薬指導が行われた。
起床時にコップ一杯の水とともに服用して下さい。水以外の飲食を避け、他の薬剤の服用も避けて下さい。服用後少なくとも30分経ってから食事をとり、 食事を終えるまで横にならないで下さい。また、歯科を受診する場合には、必ずこの薬を服用していることを医師に伝えて下さい。

問256 (実務)
上記の服薬指導が行われた薬剤はどれか。1つ選べ。

 アレンドロン酸ナトリウム水和物錠
 ラロキシフェン塩酸塩錠
 メナテトレノンカプセル
 乳酸カルシウム水和物錠
 アルファカルシドール錠

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
アレンドロン酸ナトリウム水和物錠が処方されている場合には、アレンドロン酸による副作用である食道潰瘍などを避けるため、起床してすぐにコップ1杯の水(約180 mL)とともに服用し、服用後すぐに横にならないよう指導する。また、アレンドロン酸服用中に歯科治療を行うと、顎骨壊死・顎骨骨髄炎が現れることがあるため、本剤服用中に歯科を受診する場合には、本剤を服用していることを医師に伝えるように指導する。


問257 (薬理)
問256に記載された薬剤の有効成分の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 アレンドロン酸は、活性型ビタミンD存在下にオステオカルシンの生成を促進し、骨形成を促進する。
 ラロキシフェンは、骨の上皮小体ホルモン(PTH)受容体にアゴニストとして作用し、骨吸収を抑制する。
 メナテトレノンは、カルシトニンの分泌を促進し、骨芽細胞の機能を亢進して骨形成を促進する。
 乳酸カルシウムは、ヒドロキシアパタイトの結晶形成を促進し、破骨細胞による骨吸収を抑制する。
 アルファカルシドールは、腸管でのCa2吸収を促進し、血清カルシウム値を上昇させる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤
アレンドロン酸はヒドロキシアパタイトに結合し、破骨細胞に特異的に取込まれ、アポトーシスを誘導することにより、骨吸収を抑制する。なお、活性型ビタミンD存在下にオステオカルシンの生成を促進し、骨形成を促進するのはメナテトレノンである。
2 誤
ラロキシフェンは、選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)であり、骨のエストロゲン受容体にアンタゴニストとして作用し、骨吸収を抑制する。
3 誤
解説1参照
4 誤
乳酸カルシウムは、血清カルシウム濃度上昇させることで、カルシトニン分泌を促進し、骨芽細胞の機能を亢進して骨形成を促進する。
5 正
アルファカルシドールは、活性型ビタミンD3製剤であり、腸管からのCa2吸収を促進し、血清Ca2濃度を上昇させる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.