第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問254〜255

第97回薬剤師国家試験 問254〜255

45歳女性。婦人科外来にて、以下の薬剤が処方された。

問254 (実務)
この処方の適応となる疾患又は症状として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 子宮内膜症
 卵巣癌
 閉経前乳癌
 更年期障害
 骨粗しょう症

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
リュープロレリン酢酸塩注射用 3.75 mg/バイアル 1バイアルは、子宮内膜症、月経過多、閉経前乳癌、前立腺癌などに用いられる。リュープロレリン酢酸塩注射用は、黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH)の誘導体であるリュープロレリンを放出制御型製剤としたものである。リュープロレリン酢酸塩は、LH-RH受容体を持続的に刺激することで、受容体の脱感作を誘発し、下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌を低下させ、卵巣におけるエストラジオール産生能を低下させる。


問255 (薬理)
リュープロレリンの薬理作用として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 アロマターゼ阻害による血中エストラジオールの濃度上昇
 下垂体での性腺刺激ホルモンの産生能低下
 下垂体の黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH)受容体持続刺激による受容体の脱感作
 下垂体からのプロラクチンの遊離抑制
 卵巣におけるエストラジオールの産生能亢進

 

 

 

 

 


解答・解説

解答
2、3


解説
問254解説 参照

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.