第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問191

第97回薬剤師国家試験 問191

気管支ぜん息に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 喀痰中のマスト細胞が増加する。
 発作時は、呼気時間が正常より短い。
 スギ花粉が原因アレルゲンとして最も多い。
 アレルゲン吸入後、短時間のうちに1秒率の低下を認める。
 アセチルコリンを吸入させると、健常人より低濃度で気道収縮がみられる。

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 誤
気管支ぜん息では、喀痰中に好酸球の増加が認められるが、マスト細胞の増加は認められない。
2 誤
気管支ぜん息発作時には、気道の閉塞により呼気時間の延長が認められる。
3 誤
ハウスダストやダニが、気管支ぜん息のアレルゲンとして最も多い。
4 正
気管支ぜん息は、即時型アレルギーであることから、アレルゲン吸入後、短時間のうちに1秒量、1秒率の低下を認める。
5 正
気管支ぜん息では、気管支平滑筋収縮物質(アセチルコリン、ロイコトリエンなど)に対して反応性が亢進している。そのため、気管支ぜん息患者にアセチルコリンを吸入させると、健常人より低濃度で気道収縮がみられる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.