第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問177

第97回薬剤師国家試験 問177

無菌製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 懸濁性点眼剤中の粒子は、通例、最大粒子径75 µm以下である。
 注射剤の溶剤として、有機溶剤を用いることはできない。
 点眼剤の添加剤として、ホウ酸を用いることはできない。
 懸濁性注射剤は、静脈内に投与できる。
 乳濁性注射剤は、脊髄腔内に投与できる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
1 正
懸濁性点眼液中の粒子は、通例、最大粒子径75 µm以下であると規定されている。なお、眼軟膏剤中の粒子についても、通例、最大粒子径75 µm以下であると規定されている。
2 誤
注射剤の溶剤には、水性溶剤や非水性溶剤が用いられる。その中でも、非水性溶剤として、有機溶剤(エタノール、プロピレングリコールなど)が用いられることがある。
3 誤
点眼剤の等張化や緩衝剤として、ホウ酸が用いられることがある。なお、ホウ酸は溶血作用を示すため、注射剤の添加剤として用いることはできない。
4 誤
懸濁性注射剤は、血管内又は脊髄腔内に投与することはできない。
5 誤
乳濁性注射剤は、脊髄腔内に投与することはできない。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.