第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問169

第97回薬剤師国家試験 問169

シトクロムP450(CYP)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ヒト肝組織中の存在量が最も多い分子種はCYP2D6である。
 エタノールの生体内での酸化反応に関与する。
 グルクロン酸抱合反応を担う主な酵素である。
 遺伝的要因によりCYP2C19の代謝活性が低い人の割合は、白人と比較して日本人の方が少ない。
 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含む健康食品の摂取で、CYP3A4の誘導が起こる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
ヒト肝組織中に存在比が最も多い分子種はCYP3A4である。
2 正
エタノールの生体内での酸化反応には、アルコール脱水素酵素、カタラーゼ及びCYP2E1が関与する。
3 誤
グルクロン酸抱合反応を担う主な酵素は、UDP−グルクロン酸転移酵素である。
4 誤
遺伝的要因によりCYP2C19の代謝活性の低い人(PM:poor metabolizer)の割合は、白人(約3%)と比較して日本人(約20%)の方が多い。
5 正
セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含む健康食品は、CYP3A4誘導作用を有する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.