第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問162

第97回薬剤師国家試験 問162

血液に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 アルガトロバンは、プロスタノイドIP受容体を刺激し、血小板凝集を阻害する。
 ウロキナーゼは、フィブリノーゲンに強く結合し、フィブリンの生成を抑制する。
 ダルテパリンは、アンチトロンビンⅢに結合し、Ⅹa因子の活性を阻害する。
 トラネキサム酸は、プラスミンのリシン結合部位に結合し、プラスミンによるフィブリンの分解を阻害する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
アルガトロバンは、抗トロンビン薬であり、アンチトロンビンⅢ非依存的に抗トロンビン作用を示し、フィブリン生成や血小板凝集を抑制する。
2 誤
ウロキナーゼは、血液中に存在するプラスミノーゲンのプラスミンへの変換を促進し、フィブリン分解を促進する。
3 正
ダルテパリンは、低分子ヘパリン製剤であり、アンチトロンビンⅢに結合し、セリンプロテアーゼの活性を抑制することで、Ⅹa因子の活性を阻害する。
4 正
トラネキサム酸は、プラスミンやプラスミノーゲンのリシン結合部位に結合し、プラスミンやプラスミノーゲンがフィブリンに結合することを抑制することで、プラスミンによるフィブリンの分解を阻害する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.