第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問16

第97回薬剤師国家試験 問16

過剰に摂取すると、悪心、嘔吐、頭痛などを主症状とする急性中毒を起こすのはどれか。1つ選べ。

  1. ビタミンA
  2. ビタミンB12
  3. ビタミンD
  4. ビタミンE
  5. ビタミンK

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
過剰に摂取すると、悪心、嘔吐、頭痛などを主症状とする急性中毒を起こすのは、ビタミンAである。ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、過剰に摂取すると急性中毒(症状:頭痛、悪心、嘔吐など)、慢性中毒(症状:脱力、頭痛など)が現れることがある。
なお、ビタミンDの過剰摂取による中毒症(高カルシウム血症による悪心・嘔吐、多尿、脱力、腎不全など)が報告されているが、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンKについては特に過剰摂取による中毒症は報告されていない。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.