第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問112

第97回薬剤師国家試験 問112

消化器系に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 胃では、胃底腺の主細胞がトリプシノーゲンを分泌することにより、タンパク質の消化が行われる。
 回腸では、膵液と腸液や胆汁の作用によって、三大栄養素すべての消化が行われる。
 消化された栄養素は、主として空腸と結腸の上皮細胞から吸収される。
 脂質は、吸収された後にキロミクロンとなり、主に門脈から肝臓を経て全身へ送られる。
 消化管の運動や腺分泌は、副交感神経刺激によって亢進する。

 

 

 

 

解答・解説

解答

5


解説

1 誤
胃では、ペプシンによりタンパク質の消化が行われる。ペプシンは、胃の主細胞から分泌されたペプシノーゲンが胃酸により変換され生成される。
2 誤
小腸は、十二指腸、空腸、回腸で構成されており、回腸では、三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)すべての消化は行われていない。それに対し、十二指腸、空腸では、膵液と腸液や胆汁の作用によって、三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)すべての消化が行われる。
3 誤
消化された栄養素は、主に小腸上部(十二指腸、空腸)の上皮細胞から吸収される。なお、結腸は大腸の一部であり、主に水分の吸収を行っている。
4 誤
脂質は、吸収された後にキロミクロンとなり、主にリンパ管に移行する。リンパ管に移行したキロミクロンは、胸管を経て左鎖骨下静脈から循環血を介して、全身へ送られる。
5 正
消化管の運動や腺分泌は、交感神経刺激により抑制され、副交感神経刺激により亢進する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.