第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問111

第97回薬剤師国家試験 問111

中枢神経系に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 随意運動に関与する一次運動野は、大脳皮質の頭頂葉に存在する。
 大脳辺縁系は系統発生的に古い皮質であり、本能や情動及び記憶に関与する。
 線条体は被殻と淡蒼球からなり、錐体外路系に関与する。
 間脳の視床には、自律神経系の高位中枢が存在する。
 中枢神経系に分布する血管の血液脳関門では、物質の透過性が制限されている。

 

 

 

 

解答・解説

解答

2、5


解説

1 誤
随意運動に関与する一次運動野は、大脳皮質の前頭葉に存在する。
2 正
大脳辺縁系は古皮質及び旧皮質からなり、系統発生的に古い皮質である。大脳辺縁系は本能や情動(怒り、恐れ、喜び、悲しみなど)及び記憶に関与する。
3 誤
線条体は大脳基底核に存在し、被殻と尾状核からなる。大脳基底核は、錐体外路系に関与する。
4 誤
自律神経系の高位中枢は、間脳の視床ではなく、間脳の視床下部に存在する。
5 正
中枢神経系に分布する血管の血液脳関門では、血管の内皮細胞が密着結合することにより、水溶性物質や高分子物質の透過性が制限されている。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.