第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問110

第97回薬剤師国家試験 問110

基原植物に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 オウレンとオウバクの基原植物はミカン科に属し、主要成分としてインドールアルカロイドを含む。
 ゲンチアナとリュウタンの基原植物はリンドウ科に属し、主要成分としてセコイリドイド配糖体を含む。
 ダイオウとセンナの基原植物はマメ科に属し、主要成分としてビアントロン類を含む。
 トウキとセンキュウの基原植物はセリ科に属し、主要成分としてリグナン類を含む。
 オンジとセネガの基原植物はユリ科に属し、主要成分としてステロイドサポニンを含む。

 

 

 

 

 

解答・解説

解説

2


解説

1 誤
オウレンとオウバクの基原植物は、それぞれキンポウゲ科、キカン科に属している。オウレン、オウバクは主成分として、共にイソキノリンアルカロイドであるベルベリンを含有している。
2 正
ゲンチアナとリュウタンの基原植物は、リンドウ科に属している。ゲンチアナとリュウタンは主成分として、セコイリドイド配糖体であるゲンチオピクロシドを含有している。
3 誤
ダイオウとセンナの基原植物は、それぞれタデ科、マメ科に属している。ダイオウとセンナは主成分として、共にビアントロン類であるセンノシドを含有している。
4 誤
トウキとセンキュウの基原植物は、セリ科に属している。トウキとセンキュウは主成分として、共にフタリド類であるリグスチリドを含有している。
5 誤
オンジとセネガの基原植物は、ヒメハギ科に属している。オンジとセネガはトリテルペノイドサポニンを含有している。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.