第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問105

第97回薬剤師国家試験 問105

医薬品ア〜ウについて、正しい記述はどれか。2つ選べ。

 アの環内の窒素はsp混成である。
 イは、(S)-プロリン(L-プロリン)のN-置換体である。
 ウは、炎色反応試験で赤色を呈する。
 アが最も水に溶けやすい。

 

 

 

 

解答・解説

解答

2、4


解説

1 誤
医薬品ア(イミプラミン塩酸塩)の環内の窒素は、共役に関与しているため、sp2混成である。
2 正
医薬品イ(カプトプリル)は、(S)-プロリン(L-プロリン)の構造中の窒素部分に置換基が導入されているN-置換体である。
3 誤
医薬品ウ(インドメタシン)は、構造中に塩素を有するため、炎色反応で緑色を呈する(バイルシュタイン反応)。
4 正
医薬品ア、イ、ウを比較すると、医薬品アは塩酸を添加することで塩を形成しているが、医薬品イ、ウは塩を形成していない。一般に塩は水に溶けやすいことから、医薬品アが最も水に溶けやすいと考えられる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.