第96回薬剤師国家試験

第96回薬剤師国家試験 問19(改)

第96回薬剤師国家試験 問19(改)

1 曲線ABC及び曲線CDEは沸騰曲線である。
2 相の数をP、相律の系の自由度をFとすると、F=3-Pである。
3 クロロホルムのモル分率が0.35の混合物は、分留によって共沸混合物とクロロホルムに分けられる。
4 クロロホルムとアセトンを混合すると発熱する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
2 誤
自由度Fは、下記の式で表される。
F=C-P+2(F:自由度、C:系の独立成分の数、P:相の数)
クロロホルム、アセトン混合系は、2成分系であるため、F=2-P+2=4-Pとなる。
注)本設問は、圧力一定であることから、自由度から圧力を除外すると、F=3-Pとなるため、「正」であるとも考えることができるが、厚生労働省から発表した回答は「誤」となっている。
3 誤
クロロホルムのモル分率が0.35の混合物は、分留によって共沸混合物とアセトンに分けられる。
4 正
クロロホルムとアセトンを混合すると、沸点の高い共沸混合物を形成することからクロロホルムとアセトンの間には強い分子間力が働いていると考えられる。強い分子間力が形成される際、余分なエネルギーが放出されるため、クロロホルムとアセトンを混合すると発熱が認められる。

-第96回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.