第96回薬剤師国家試験

第96回薬剤師国家試験 問127(改)

鎮痛薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 モルヒネは、瞳孔括約筋に直接作用し、縮瞳を引き起こす。
2 ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体には完全刺激薬として、オピオイドκ受容体には部分刺激薬として作用する。
3 フェンタニルは、オピオイドκ受容体を選択的に刺激し、モルヒネよりも強力な鎮痛作用を示す。
4 ブプレノルフィンは、オピオイドμ受容体に対して部分刺激薬として作用し、モルヒネに対する拮抗作用も示す。
5 ペチジンは、オピオイドμ受容体刺激を介した鎮痛作用に加えて、鎮痙作用を有する。

 

 

 

 

 

 

 


解答
4、5


解説
1 誤
モルヒネは、瞳孔括約筋に直接作用するのではなく、動眼神経(第Ⅲ脳神経)核を刺激することにより縮瞳を引き起こす。 なお、この縮瞳作用には耐性が認められない。
2 誤
ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体には部分刺激薬として、オピオイドκ受容体には刺激薬として作用する。
3 誤
フェンタニルは、オピオイドμ受容体を刺激し、モルヒネよりも強力な鎮痛作用を示す。
4 正
5 正
ペチジンは、オピオイドμ受容体刺激を介した鎮痛作用に加えて、アトロピン様、パパベリン様の鎮痙作用を有する。

-第96回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.