第96回薬剤師国家試験

第96回薬剤師国家試験 問126(改)

第96回薬剤師国家試験 問126(改)

抗うつ薬に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

1 トラゾドンは、セロトニン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT1受容体刺激作用をもつ。
2 ミアンセリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT2A受容体刺激作用をもつ。
3 マプロチリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用をもつが、セロトニン再取り込み阻害作用はほとんどない。
4 ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを選択的に阻害する。
5 パロキセチンは、ノルアドレナリン神経終末の自己受容体を遮断し、ノルアドレナリン遊離を促進する。

 

 

 

 

 

 

 


解答
2、5


解説
1 正しい
トラゾドンは、セロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン神経機能を亢進させる。また、本剤の活性代謝物(m−クロロフェニルピペラジン)は5−HT1受容体部分刺激作用、5−HT2A受容体遮断作用を有する。
2 誤っている
ミアンセリンは、アドレナリンα2受容体を遮断し、神経シナプス間隙のノルアドレナリンの遊離を促進する。
3 正しい
4 正しい
5 誤っている
パロキセチンは、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害し、シナプス間隙のセロトニン濃度を上昇させる。また、反復経口投与により、セロトニン5−HT2C受容体のダウンレギュレーションを起こすことにより抗うつ作用及び抗不安作用を示す。

-第96回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.