第94回薬剤師国家試験

第94回薬剤師国家試験 問26(改)

第94回薬剤師国家試験 問26(改)

物質の旋光性に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 旋光度の測定には、通例、光線としてナトリウムスペクトルのD線を用いる。
2 直線偏光(平面偏光)が、光学活性物質又はその溶液中を通過するとき、偏光の進行方向に向き合って時計回りに振動面を回転する性質を左旋性という。
3 旋光分散(ORD)スペクトルにおける負のコットン効果では、短波長側に極小、長波長側に極大が観測される。
4 円二色性(CD)スペクトルからタンパク質の2次構造に関する情報が得られる。

 

 

 

 

 


解答
1、4


解説
1 正
2 誤
直線偏光(平面偏光)が、光学活性物質又はその溶液中を通過するとき、偏光の進行方向に向き合って時計回りに振動面を回転する性質を右旋性という。
3 誤
旋光分散(ORD)スペクトルにおける負のコットン効果では、短波長側に極大、長波長側に極小が観測される。
4 正

-第94回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.