第94回薬剤師国家試験

第94回薬剤師国家試験 問167(改)

第94回薬剤師国家試験 問167(改)

医薬品の安定性に関する記述について、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 特殊酸塩基触媒反応において、分解速度定数の常用対数を溶液のpHに対してプロットすると、 H3Oが触媒作用を示す範囲では+1、OHが触媒作用を示す範囲では-1の傾きをもつ直線が得られる。
2 0次及び2次反応で分解される医薬品の半減期は、反応物質の初濃度に影響を受ける。
3 分解反応の反応次数が同じでアレニウス式に従い、活性化エネルギーも同じ2種の医薬品の分解速度定数の比は、温度にかかわらず一定である。
4 異符号のイオン間の反応で分解する医薬品は、溶液のイオン強度が増大すると不安定になる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説

1 誤
特殊酸塩基触媒反応において、分解速度定数の常用対数を溶液のpHに対してプロットすると、 H3Oが触媒作用を示す範囲では-1、OHが触媒作用を示す範囲では+1の傾きをもつ直線が得られる。
2 正
0次の半減期は初濃度に比例し、2次反応の半減期は初濃度に反比例するため、0次及び2次反応で分解される医薬品の半減期は、反応物質の初濃度に影響を受ける。
3 正
反応速度定数は、頻度因子、活性化エネルギーにより決まる。そのため、活性化エネルギーが同じ2種類の医薬品の分解速度定数の比は、温度に関わらず一定(頻度因子の比と同じ)となる。
4 誤
異符号のイオン間の反応で分解する医薬品は、溶液のイオン強度が増大すると分解速度定数が小さくなるため、安定になる。

-第94回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.