第94回薬剤師国家試験

第94回薬剤師国家試験 問154(改)

第94回薬剤師国家試験 問154(改)

薬物の血漿タンパク結合に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 薬物と血漿タンパク質との結合の親和性は結合定数で表され、この数値が小さいほど親和性が高い。
2 ジアゼパムは、アルブミン分子上の薬物結合部位のサイトⅡに結合する。
3 プロプラノロールは、α1-酸性糖タンパク質に結合する。
4 インドメタシンは、ワルファリンの血漿タンパク結合を競合的に阻害し、抗血液凝固作用を減弱させる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
結合定数は、薬物と血漿タンパク質の親和性の高さを表し、この数値が小さいほど親和性が低い。
2 正
アルブミン分子上には、薬物結合部位であるサイトⅠ、Ⅱ、Ⅲが存在し、ジアゼパムは主にサイトⅡに結合する。

3 正
プロプラノロールは塩基性薬物であることから、α1–酸性糖タンパク質に結合する。
4 誤
インドメタシンは、ワルファリンの血漿タンパク結合を競合的に阻害し、組織移行性を高めることから、抗血液凝固作用を増強させる。

-第94回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.