第94回薬剤師国家試験

第94回薬剤師国家試験 問152(改)

第94回薬剤師国家試験 問152(改)

薬物吸収に関する記述について、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 口腔内崩壊錠は、薬物を口腔粘膜から吸収させ、肝初回通過効果を回避する目的で用いられる。
2 鼻腔粘膜を介して吸収された薬物は、肝初回通過効果を受けない。
3 狭心症治療に用いられる経皮治療システムでは、主薬の皮膚透過が吸収における律速過程となっている。
4 抗生物質の坐剤に配合されているカプリン酸ナトリウムは、主薬の吸収促進を目的としている。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
口腔内崩壊錠は、口腔内で崩壊する錠剤であり、薬物のほとんどが小腸から吸収されるため、肝初回通過効果を回避することはできない。
2 正
鼻腔粘膜から吸収された薬物は、肝臓を介することなく循環血に移行することから肝初回通過効果を受けない。
3 誤
狭心症治療に用いられる経皮治療システムでは、主薬の製剤からの放出が吸収における律速過程となっている。
4 正

-第94回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.