第93回薬剤師国家試験

第93回薬剤師国家試験 問40(基礎薬学) 脂質と脂質代謝

脂質と脂質代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. トリアシルグリセロールは、細胞膜の主要構成成分の1つで脂質二重層を形成する。
  2. 真核生物の脂肪酸は、アセチルCoAを材料としてミトコンドリアのマトリックス内で合成される。
  3. 生体内のコレステロール量は、食事からの摂取量やコレステロールの利用量により体内での合成量が調節されている。
  4. 細胞膜に存在する糖タンパク質及び糖脂質の糖部分は、細胞膜の外側にある。

解答・解説

解答
3、4

解説
1 誤
細胞膜の構成成分で、脂質二重層を形成するのはリン脂質である。なお、トリアシルグリセロールは、生体内の代表的なエネルギー貯蔵物質である。

2 誤
真核生物の脂肪酸は、アセチルCoAを原料として細胞質で合成される。

3 正
HMG-CoA還元酵素は、コレステロール合成の律速酵素であり、体内のコレステロールの量によりその機能が調節されている。よって、コレステロールの過剰摂取やコレステロールの利用が低下すると、HMG-CoA還元酵素の発現量が減少し、コレステロール合成量を低下させる。

4 正
細胞膜は、リン脂質、コレステロール、タンパク質により構成されており、外側には糖脂質、糖タンパク質が多く含まれている。

関連問題を解いて理解を深めよう

第101回薬剤師国家試験 問115

-第93回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.