第92回薬剤師国家試験

第92回薬剤師国家試験 問32(改)

第92回薬剤師国家試験 問32(改)

日本薬局方クロロブタノール(C4H7Cl3O:177.46)の定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

本品約0.1 gを精密に量り、200 mLの三角フラスコに入れ、エタノール(95)10 mLに溶かし、水酸化ナトリウム試液10 mLを加え、還流冷却器を付けて10分間煮沸する。冷後、希硝酸40 mL及び正確に0.1 mol/L硝酸銀液25 mLを加え、よく振り混ぜ、ニトロベンゼン3 mLを加え、沈殿が固まるまで激しく振り混ぜた後、過量の硝酸銀を0.1 mol/Lチオシアン酸アンモニウム液で滴定する(指示薬:硫酸アンモニウム鉄(Ⅲ)試液2 mL)。同様の方法で空試験を行う。

1 下線部の反応により、塩素(Cl2)が生成する。
2 ニトロベンゼンを加えるのは、硝酸銀との反応により生成した沈殿とチオシアン酸アンモニウムとの反応を防ぐためである。
3 空試験の方が、本試験よりチオシアン酸アンモニウム液の滴加量は少ない。
4 0.1 mol/Lの硝酸銀液1 mLはクロロブタノールの5.915 mgに相当する。

 

 

 

 

 

 

 


解答
1、4


解説

1 誤
下線部の処理により共有結合している塩素がアルカリ分解され、塩素イオンが生成する。
2 正
ニトロベンゼンを加えるのは、生成したAgClの沈殿の表面にニトロベンゼンで被膜をつくり、チオシアン酸イオンと接触させないようにするためである。
3 誤
本定量法において、空試験では、クロロブタノールは硝酸銀との反応に全く関与していないため、空試験の方が本試験よりもチオシアン酸アンモニウム液の滴加量は多くなる。
4 正
クロロブタノール1molより塩素イオンが3mol生成するため、本定量における対応数は3となる。このことから、0.1 mol/Lの硝酸銀液1mLと反応するクロロブタノールの物質量は0.1 mol/L×1 mL÷3=0.0333 mmolとなり、その質量は177.46 g/mol×0.0333 mmol=5.915 mgとなる。

-第92回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.