第92回薬剤師国家試験

第92回薬剤師国家試験 問22(改)

第92回薬剤師国家試験 問22(改)

アレニウスの式における分解反応速度定数kと絶対温度Tの関係は、

で表される(A:定数、Ea:活性化エネルギー、R:気体定数)。

これに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 kは温度の上昇とともに指数関数的に減少する。
2 アレニウスプロット(縦軸にln k、横軸に1/Tをプロット)をすると右下がりの直線となり、その傾きがEaの値である。
3 定数Aはアレニウスプロットのy切片より求めることができ、kと同じ単位をもつ。
4 一般にEaの値が大きいと分解速度は小さい。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
1 誤
kは温度の上昇とともに指数関数的に増加する。
2 誤
アレニウスプロット(縦軸にln k、横軸に1/Tをプロット)をすると右下がりの直線となり、その傾きが-Ea /Rの値である。
3 正
定数Aは頻度因子であり、反応速度定数kと同じ単位をもつ。
4 正
一般に活性化エネルギーの大きい反応は、分解速度定数が小さく、分解速度も小さい。

-第92回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.