第91回薬剤師国家試験

第91回薬剤師国家試験 問126

第91回薬剤師国家試験 問126

次の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 コデインは、オピオイドδ受容体を刺激して鎮咳作用を引き起こすが、モルヒネよりもグルクロン酸抱合を受けやすい。
2 ナロキソンは、オピオイドμ受容体遮断作用により、急性麻薬中毒による呼吸抑制を改善する。
3 ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体における拮抗作用により、麻薬依存症患者において退薬症候群(禁断症状)を誘発する。
4 フェンタニルは、オピオイドμ受容体及びκ受容体刺激作用をもち、鎮痛作用が強く作用持続も長い。

 

 

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
1 誤
水酸基の数より、コデイン(水酸基の数:1個)はモルヒネ(水酸基の数:2個)に比べグルクロン酸抱合を受けにくい。
2 正
ナロキソンは、オピオイドμ受容体を遮断し、麻薬性鎮痛薬の作用に拮抗するため、急性麻薬中毒による呼吸抑制を改善する。
3 正
ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体拮抗作用を有することから、麻薬依存症患者において退薬症候群(禁断症状)を誘発する。
4 誤
フェンタニルは、オピオイドμ受容体刺激作用により強い鎮痛作用を示すが、作用時間は短い。

-第91回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.