第87回薬剤師国家試験

第87回薬剤師国家試験 問32

第87回薬剤師国家試験 問32

日本薬局方医薬品アスピリンアルミニウム(C18H15AlO9:402.29)中のアルミニウム(Al:26.98)の定量法に関する記述のうち、「   」の中に入れるべき化合物名と数値の正しい組合せはどれか。1つ選べ。なお、 7.26ppmのシグナルはCDCl3 に含まれる微量のCHCl3に起因するものである。

本品約0.4 gを精密に量り、水酸化ナトリウム試液10mLに溶かし、1mol/L 「 a 」試液を滴加してpHを約1とし、更にpH3.0の酢酸・酢酸アンモニウム緩衝液20 mL及びCu-PAN試液0.5mLを加え、煮沸しながら、0.05 mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液で滴定する。ただし、滴定の終点は液の色が赤色から黄色に変わり、1分間以上持続したときとする。同様の方法で空試験を行い、補正する。

0.05mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液1mL =「 b 」a mg Al

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
2


解説

「 a 」

定量法より「本品(アスピリンアルミニウム)を水酸化ナトリウム試液(アルカリ性溶液)に溶かした後、溶液のpHを1にする」ためには、強酸を用いる必要がある。よって、「 a 」には塩酸が当てはまる。

「 b 」
AlとEDTAは1:1で反応することから、0.05mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液1mLと反応するAlの物質量(mmol)は0.05mol/L×1 mL÷1=0.05 mmolとなり、対応量(mg)は、0.05 mmol×26.98=1.349 mgとなる。

-第87回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.