MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問83 一般用医薬品の成分

アフタ性口内炎に用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分はどれか。1つ選べ。

  1. フルオシノロンアセトニド
  2. トリアムシノロンアセトニド
  3. ベタメタゾン吉草酸エステル
  4. デキサメタゾン酢酸エステル
  5. ヒドロコルチゾン
解答・解説

解答

解説
1 誤
フルオロシノロンアセトニドは、湿疹、皮膚炎、かぶれ、蕁麻疹に用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分である。

2 正
トリアムシノロンアセトニドは、アフタ性口内炎に用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分である。

3 誤
ベタメタゾン吉草酸エステルは、湿疹、皮膚炎、かぶれ、蕁麻疹に用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分である。

4 誤
デキサメタゾン酢酸エステルは、むしさされによる痒みに用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分である。

5 誤
ヒドロコルチゾンは、医療用医薬品に含まれる有効成分である。なお、ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、痔、痒み、腫れに用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分であり、ヒドロコルチゾン酪酸エステルは、湿疹、皮膚炎、かぶれ、蕁麻疹に用いられる一般用医薬品に含まれる有効成分である。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次